無脳症 原因

無脳症の原因

字の如く恐ろしい症状だと想像がつくでしょう。 

広告1

 

無脳症は胎児の脳が正常に形成されず成長しない状態です。

 

神経管が破損されている影響で大脳が破損されている状態であり小脳までも破損、欠損している場合もあります。この状態で赤ちゃんを出産しても成人まで生きることはまずできません。

 

現在の医療では治療法が確立しておらず、内視鏡を使用して超音波で発見されると中絶か出産かの選択をしなければなりません。

 

無脳症であっても体は正常に形成された状態ですので出産後の事考えますとかなり厳しい現実が待っています。

 

無脳症の原因は神経管閉鎖障害です。

 

神経管閉鎖障害の原因は葉酸が不足しているからです。

 

妊娠初期には胎児は盛んに細胞分裂を繰り返し人間として形成される一番大事な時期ですので葉酸を必ず摂取する事は必須です。


ホーム RSS購読 サイトマップ