妊活方法

妊活中はしっかりと良い睡眠を!

睡眠不足は健康な身体を保持するためには大敵!イライラし易くなったりダルさが続いたりと心身ともに疲れてしまいますよね(/ _ ; )

 

ただでさえ人体にとって悪影響を及ぼす睡眠不足。それは妊活中の方にとっては特に避けてもらわなければなりません。

 

では、妊活において重要な“ ホルモンバランス ”と“ 睡眠 ”の密接な関係性について見ていきましょう^_^♪

 

の良くない睡眠をただダラダラと取ることは十分な睡眠とは言えません。これからお伝えする、質の良い睡眠の取り方を参考にして妊活に役立ててくださいね☆

 

睡眠不足はホルモンバランスを乱してしまいます

広告1

人間は睡眠中に成長ホルモンを分泌させ細胞の修復作業を行います。

 

妊娠にとって最も必要なホルモンは“ 女性ホルモン ”であることはみなさんご存知かと思いますが、成長ホルモンはその他多くのホルモンの分泌調整を担っているため、この成長ホルモンの分泌が減ってしまうと女性ホルモンの分泌も乱れることになり妊娠するための機能に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンが存在し、プロゲステロンは特に睡眠中に多く分泌されるはずの女性ホルモンです。

 

プロゲステロンは子宮内膜を強化し、受精卵を着床させやすくするためにとても重要なホルモンですので、ホルモン分泌を減少させてはいけません。

 

眠っている間にホルモンを分泌させ細胞を修復するための機能が最も活発に働く時間を“ ゴールデンタイム ”と称されており、22時?2時の間がしっかりと眠りに就いていられるように心がけ正常なホルモン分泌を促しましょう!

 

本当は避けたい妊活中の夜勤

広告1

タイトルを見てドキッとした方もいらっしゃるかと思います(/ _ ; )

 

しかし事実上、夜勤のお仕事に就いている方やシフト勤務によって夜勤で働くことのある女性は、不妊に陥ったり流産を招いてしまったりといったリスクが比較的高いことが明らかとなっています。

 

もうお分かりの通り睡眠不足と密接に関係しており、やはり昼と夜の逆転した生活はホルモンバランスを乱し、確保できているはずの睡眠時間の中でも質の良い睡眠時間を取れているとは言えません。

 

これは先にお伝えした通り、人間の体はゴールデンタイムと呼ばれる夜間に最も多くのホルモンを分泌するところにあるため、やはりこの時間帯にしっかりと睡眠を取ることがスムーズな妊娠へと繋がると考えられます。

 

では夜勤で働く女性はどうしたら良いのでしょうか?

 

それは“ 質の良い睡眠 ”によって解消していきましょう!

 

眠りに就く前の時間をしっかりと“ リラックスタイム ”にしてください。ゆっくりとバスタイムを過ごしたり、体を解すストレッチをしたり、癒しの音楽を聴いたり、リラックス効果のあるアロマオイルを焚いたりなどなど、ご自身のリラックスに繋がる時間を工夫してみてください☆そして心地良く眠りに就いて質の良い睡眠へと誘われましょう☆

 

寝る前の携帯操作やテレビ鑑賞などの寝落ちしてしまうような眠り方は、脳は刺激されて興奮しているのに目が疲れて眠ってしまったというだけで御法度ですので絶対に止めてくださいね!

 

妊娠へのはじめの一歩は上質な睡眠から!

広告1

 

睡眠不足は、ホルモン分泌を低減させることにより健康へも妊娠へも悪影響を及ぼします。きちんとホルモンバランスのとれた身体を目指して睡眠不足とはさよならしましょう!

 

お仕事の都合などでどうしても睡眠時間が短くなってしまいがちな方は、睡眠の質を高められるように特に意識しましょう!ご自身に合ったリラックス方法を取り入れて心地良く眠りに就き、量より質の睡眠を取ることが大切です♪

 

かつての私も仕事で忙しくしており、仕方の無いことだと諦めながら睡眠不足の続く日々を送っていた時は、やはりホルモンバランスの乱れが影響したためか生理周期が崩れたり無駄にイライラすることが多くなったりして、旦那様との些細なケンカも絶えず、妊活どころではなくなっていたことを思い出します(。-_-。)

 

睡眠は人間の身体にとって切り離しては考えられない大切なものです(u_u)

 

妊娠しやすい身体を目指すためだけではなく、心への栄養補給も兼ね備えています。夫婦喧嘩ばかりのピリピリしたパパとママのところへは、赤ちゃんも誕生しづらいですよねσ(^_^
;)
喜んで赤ちゃんに誕生してもらえるように、日頃からしっかりと質の良い睡眠を取って、夫婦揃って笑顔で暮しながらベビ待ちしましょ(?-?)♪


ホーム RSS購読 サイトマップ