妊婦 葉酸

妊婦と葉酸

赤ちゃんがお腹の中で正常に成長するには沢山の栄養素が必要です。

 

特に妊娠初期の時期には母体、胎児ともに葉酸が最重要といっても過言ではありあません。

広告1

 

ではなぜ重要なのでしょうか?

 

葉酸はDNAを形成する核酸の合成を助け赤血球を増やす作用を助けたりします。

 

DNA情報が正常に伝達しないと、脳、体に障害を引き起こしたり貧血状態になり

 

栄養失調に陥ります。胎児が栄養失調になれば危険性は容易に想像がつきますね。

 

 

人間の体には神経管というものがあります。この神経管に異常が起こると【神経管閉鎖障害】が
引き起こされ無脳症や二分脊髄症になり流産の可能性が一気に高まりす。

 

 

流産の原因の30%〜45%はこういった症状が起こっているのです。

 

葉酸栄養素はこのような症状を
65%〜78%も低下させるデータがでています。

 

女性・妊婦・胎児には絶対必要な栄養なのです。このように妊婦に葉酸は最も大切なものともいえるでしょう。

 

妊娠初期からの摂取ではなく前もっての摂取も大切です

 

妊娠初期には特に葉酸の摂取は大切ですが、一番の効果的な摂取は妊娠前からです。最低でも三ヶ月前からは体に取り入れた方がよいでしょう。

 

人間の体は普段取り入れてない栄養素を急激に入れても、体が栄養素を排出してします機能があります。体になじみががないので、栄養素として認識しないのです。

 

つまり、三ヶ月間ほど体が葉酸栄養素になれないと葉酸の効果が発揮されないという訳です。葉酸に限らず他の栄養素も同じです。現代では栄養が足りないという食事ではないのですが、豊かになったせいで好きなものしか摂取しない人が多いです。その結果、栄養素が偏ってしまいます。

 

妊婦に葉酸というものは、水と同じぐらい大切で重要なものです。

 

女性の方は特に、妊娠前から葉酸を摂取するのが健やかな赤ちゃんを妊娠する為の絶対条件です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ