不妊治療

婦人科は周りが妊婦さんばかりで辛い

広告1

30歳

 

結婚6年目

 

園田さん

 

 

 

 

不妊治療のために婦人科に通院していますが、実は治療以外で辛い思いをしています。
私の通っている婦人科は不妊治療の専門ではなく幅広い診療をしているので妊婦さんも大勢通院しているのです。
これは自分で決めた病院ですので仕方のないことですが妊婦さんの大きなお腹を見ると辛くなってしまいます。
その方には何も恨みはありませんし私も将来なりたいと思っている憧れの姿です。
そのことが理屈では分かっていても大勢の妊婦さんを見ると他の人は当たり前のように妊娠しているのに自分だけは欠陥があって妊娠できないと辛くなってしまいます。
こんなネガティブな気持ちではできるものもできなくなってしまうのでポジティブに考えるようにしているのですが限界です。
ですのでできるだけお腹の大きな人を見ないように視線を合わせないようにしています。
また人の多くない時間帯を狙って通院するようになりました。
一度医師に妊婦さんの姿を見るのがつらいと言った事がありました。これは私もバカなことを聞いてしまったと思ったのですが、その時に医師から帰ってきた答えがこのようなものだったのです。
不妊治療だけではなく妊婦の診察をしている病院であることで逆に緊急事態が起こった時に対処ができるのでその点をメリットだと思って欲しい。
これで少し心が落ち着きました。確かに不妊専門でないからこそのメリットがあるのです。
またこれから私が妊娠した時には同じ病院に通うことができます。別のところに通うよりも同じと頃に通ったほうが安心感があるのです。
いずれ私も妊婦になったときには今の自分のように不妊治療をしている人に苦痛を与えることもあるかもしれません。
全部の心の悩みが解決したわけではありませんか、考え方を変えることによって少しだけ気が楽になりました。

関連ページ

検査が痛い!
不妊治療を始め、病院に行くと、いくつかの検査をすることになります。おおむね『基礎対応表の確認』、『経膣超音波診断』、『頚管粘液検査』、『性交後試験』、『精液検査』、『子宮鏡』、『血液検査』そして『子宮卵管造影』といったものでしょうか。
治療薬の影響で体調不良に…
結婚するとすぐに子どもができるものだと思っていたのですが、半年過ぎ、10カ月過ぎても何の兆候がなく一年が経過したときに私は不妊治療に通い始めました。
兄弟を作ってあげたいのに二人目不妊、原因が不明
今私は二人目不妊に陥っています。 一人目を生んでからもう三年以上も子作りをしているのにも関わらずなかなか妊娠できないのです。
高齢で結婚したので中々妊娠できない
大学時代になりたい職業を見つけて、就職をしてから必死に働いてきました。好きな仕事に就く事ができたので、早く一人前になりたくて、仕事一筋で頑張ってきました。周りが結婚をし始める時期が一番仕事に燃えている時期で羨ましいとも思いませんでした。

ホーム RSS購読 サイトマップ