妊活 方法

コーヒーをやめてノンカフェインの物に変更

広告1

34歳

 

結婚5年目

 

蓮さん

 

 

 

 

私が妊活をはじめたのは、結婚五年目のことでした。子供はいつか授かるだろうとのんびり構えていたのですが、共働きで忙しく仕事をしているうちにあっという間に結婚5年目、私の年齢も34歳になっていました。ちょうどおりよく、夫の転勤で私も多忙の仕事を退職し、知り合いのいない土地での生活になりました。時間もたっぷりあるし、子作りのことや、自分の身体のことをやっと真剣に考えられるようになりました。のんびりしていられる年齢ではないので、早速地元で評判の良い不妊治療の病院に通いました。たくさんの検査を受けましたが、夫婦共に不妊の原因は見つかりませんでした。夫と相談し、不妊治療をステップアップする前に出来ることはいろいろ試してみようと、私の妊活生活が本格的に始まりました。まず、一番に辞めたのはコーヒーです。私は夫に「カフェイン中毒」とからかわれるほどのコーヒー好きです。一日10杯以上は飲んでいました。恥ずかしながら、妊活をはじめる前まではカフェインの過剰摂取が不妊の原因になるといわれている事をまったく知りませんでした。不妊の原因になるだけではなく、妊娠しているとお腹の胎児にも影響するということを知り青ざめました。低体重児や早産にもつながるとのことなのです。もっと早くに知っておけばと後悔しましたが、どうしようもありません。すぐにカフェイン断ちをしました。カフェイン断ちは私にとって辛いことでしたが、変わりに身体に良いハーブティーを代用することになりました。それからハーブティーにすっかりはまり、いろいろな種類のハーブティーを揃えました。夫と休みの日は子宝温泉を巡るなど、ゆっくり過ごしたことがよかったのか、その後すぐに自然妊娠することが出来ました。今は元気な赤ちゃんを産むことが出来て、すくすく育つ子供の成長が楽しみな幸せな毎日です。

 

関連ページ

大好きだったお酒を控えました。
年齢も30代になってくると、そろそろ子供を作りたいと考えるようになってきます。ですので、私もその流れに乗り、子供がほしいと考えるようになりました。子供を身ごもり、そして妊娠期間の生活をしていくためには、食生活が最も大事です。
腹巻きをつけて温活
私も妊活をしている一人です。結婚をしてすぐに赤ちゃんを授かるものだと思っていたのですが、なかなか授かる事ができなくて私より後に結婚をした人が妊娠をしていく姿を羨ましく思っています。
よもぎ蒸しパッドで血行促進
よもぎ蒸しパッドは元々韓国で販売されているもので、今では日本でも販売されているのですが、生理ナプキンのような形状になっており、パンツに貼り付けることによってじわっとした温かさが下から上に上がるというものなのです。
BMIを標準値にするべくダイエットしてから妊活
結婚をしたらすぐに子供が欲しいなと思っていたのですが、思い通りにはいかないものですね。妊娠をするという事がどういう事なのかと改めて実感をしている日々です。
冷たい物は控えて、とにかく温めました
結婚してすぐに妊娠をする事をイメージしていたのですが、なかなか妊娠をしなくてもどかしい日々を送っていました。毎月生理がくると主人とがっかりとしてしまっていました。
タイミング法と排卵検査薬を活用

ホーム RSS購読 サイトマップ