妊活 方法

BMIを標準値にするべくダイエットしてから妊活

広告1

24歳

 

結婚3年目

 

たまごさん

 

 

 

 

 

結婚をしたらすぐに子供が欲しいなと思っていたのですが、思い通りにはいかないものですね。妊娠をするという事がどういう事なのかと改めて実感をしている日々です。私たち夫婦も妊活をした方がいいかなという話になり、本やネットで調べて妊活を始める事になりました。でも妊娠をしやすくする為にまずはダイエットから始める事にしました。独身時代にひとり暮らしをしている時に、食生活の乱れからどんどん太ってしまいました。体型はあまり変化はなくても筋肉が落ちて脂肪がたくさんついている事を実感する事ができます。太っていると治療をしたり妊活をしても効果が得られない事があるという事を聞き、ダイエットをする事にしました。ダイエットをしながら、妊娠をしやすい体にもしていく事ができたらと思って少し並行をしていきました。私は冷え性だったので、体を温めるながら運動をしていく事にしました。体が冷たいと体重を減らす事が難しいので、体を冷やさないようにして運動をしていきました。体が重いので、プールに行った後には温泉に入って体をあたためたり、普段の生活でも靴下を履いたり温かい飲み物を飲んだりと意識をして生活をする事で体温が少し上がってきました。運動をしてもすぐに汗をかくようになってきて、効果を実感する事ができるようになりました。食事も気をつけて、肉や揚げ物が好きで野菜をあまり摂取していなかったのでバランスの良い食生活をする事を心がけるようになってきました。色々試していく事でダイエットにも成功をしてBMIを標準にする事ができました。私のなかで妊活へ向けてやっとスタートラインに立てたように重います。これから検査をしたりして本格的に妊活を始めたいと思っています。

関連ページ

大好きだったお酒を控えました。
年齢も30代になってくると、そろそろ子供を作りたいと考えるようになってきます。ですので、私もその流れに乗り、子供がほしいと考えるようになりました。子供を身ごもり、そして妊娠期間の生活をしていくためには、食生活が最も大事です。
腹巻きをつけて温活
私も妊活をしている一人です。結婚をしてすぐに赤ちゃんを授かるものだと思っていたのですが、なかなか授かる事ができなくて私より後に結婚をした人が妊娠をしていく姿を羨ましく思っています。
よもぎ蒸しパッドで血行促進
よもぎ蒸しパッドは元々韓国で販売されているもので、今では日本でも販売されているのですが、生理ナプキンのような形状になっており、パンツに貼り付けることによってじわっとした温かさが下から上に上がるというものなのです。
冷たい物は控えて、とにかく温めました
結婚してすぐに妊娠をする事をイメージしていたのですが、なかなか妊娠をしなくてもどかしい日々を送っていました。毎月生理がくると主人とがっかりとしてしまっていました。
タイミング法と排卵検査薬を活用
コーヒーをやめてノンカフェインの物に変更
私が妊活をはじめたのは、結婚五年目のことでした。子供はいつか授かるだろうとのんびり構えていたのですが、共働きで忙しく仕事をしているうちにあっという間に結婚5年目、私の年齢も34歳になっていました。

ホーム RSS購読 サイトマップ