妊活 方法

腹巻きをつけて温活

広告1

26歳

 

結婚2年目

 

ケイミさん

 

 

 

私も妊活をしている一人です。結婚をしてすぐに赤ちゃんを授かるものだと思っていたのですが、なかなか授かる事ができなくて私より後に結婚をした人が妊娠をしていく姿を羨ましく思っています。何をどうしたら妊娠をする事ができるのかさっぱりわからなくなり、色々な本やネットの情報を元に妊活をする事にしました。まだ結婚をして1年経過したばかりなので、産婦人科には行かずに自分にできる体調管理から始めてみる事にしました。色々本を読んでいると、冷えは良くないという事がわかりました。私は冷え症で夏でも足が冷たい状態になっています。その状態を改善する為に温活をすることにしました。まずはお腹を冷やさないように腹巻きを購入してつけました。腹巻きをするなんてと思っていたのですが、赤ちゃんを授かる為ならと思い切って購入をしたら暖かくてとても驚きました。試しに一つ購入したのですが、これがないと寒いと感じるくらいになり、たくさん買い足しをしました。腹巻きをつけ始めて変わったことは、生理通が少しずつ軽くなってきたということです。ずっと生理痛には悩まされてきましたが、体を温めることでこんなに変わるのかということに驚きました。体を冷やさない方法を色々調べては試してみることが楽しくなってきました。温活を始めてから、体の調子がとてもよくなりました。風邪をひきにくくなったし、体のむくみが軽減されるようになってきました。それと代謝も上がってきて体がスッキリしてきました。妊活の為に始めた温活ですが、自分の体のことを考えるとこれもとても意味がある事だなという風に思う事ができるようになりました。妊活はなかなか妊娠をしない辛さがあるのでストレスを溜めてしまいがちですが、私は楽しみながら妊活をする事ができています。

関連ページ

大好きだったお酒を控えました。
年齢も30代になってくると、そろそろ子供を作りたいと考えるようになってきます。ですので、私もその流れに乗り、子供がほしいと考えるようになりました。子供を身ごもり、そして妊娠期間の生活をしていくためには、食生活が最も大事です。
よもぎ蒸しパッドで血行促進
よもぎ蒸しパッドは元々韓国で販売されているもので、今では日本でも販売されているのですが、生理ナプキンのような形状になっており、パンツに貼り付けることによってじわっとした温かさが下から上に上がるというものなのです。
BMIを標準値にするべくダイエットしてから妊活
結婚をしたらすぐに子供が欲しいなと思っていたのですが、思い通りにはいかないものですね。妊娠をするという事がどういう事なのかと改めて実感をしている日々です。
冷たい物は控えて、とにかく温めました
結婚してすぐに妊娠をする事をイメージしていたのですが、なかなか妊娠をしなくてもどかしい日々を送っていました。毎月生理がくると主人とがっかりとしてしまっていました。
タイミング法と排卵検査薬を活用
コーヒーをやめてノンカフェインの物に変更
私が妊活をはじめたのは、結婚五年目のことでした。子供はいつか授かるだろうとのんびり構えていたのですが、共働きで忙しく仕事をしているうちにあっという間に結婚5年目、私の年齢も34歳になっていました。

ホーム RSS購読 サイトマップ